バイクのバッテリーが上がってる場合交換してから売った方がいいのか?

MENU

バイクのバッテリーが上がってる場合交換してから売った方がいいのか?

バイク買取、バッテリー上り

バイクのバッテリーが上がってる場合交換してから売った方がいいのか?

バイクに長期間乗っていなくてバッテリーが上がっている場合、そのままでもバイクを売ることはできます。

 

査定の前にバイク買取業者にバッテリーが上がっていると伝えておけばブースターなどを持ってきてくれます。
ですが出来れば査定の前にバッテリーを充電しておいてエンジンがかかることを確認しておいた方がいいです。

 

査定の際にブースターを繋いでもエンジンがかからなかった場合、どこかが故障していてエンジンがかからないと思われてマイナス評価を受ける可能性が高くなります。
エンジンがかからないとなると大幅のマイナス査定です

 

なので可能であれば事前にバッテリーを充電するか交換してエンジンをかけられる上体にしておいた方が高く売れます。

 

現在海外製のバッテリーがインターネットでかなり安く売っているので、売る前に確実にエンジンの始動を確認しておきたい方や、
売る前に少しバイクに乗りたい方はバッテリーを購入してもいいかと思います。

 

バイクの状態にもよりますがバッテリーが上がって動かない状態より、バッテリーを交換して動く状態の方がバッテリーの購入代金くらいの査定アップにはなると思います。

 

あまり状態がよくなく、査定に自信がないバイクはワザワザ購入してまで交換しても査定アップは期待できませんが、状態が良くてバッテリーが上がっているだけでしたら交換して方がプラスの要素にはなります。

 

購入しなくても近所のバイク屋や車屋、ガソリンスタンドで充電してくれるところもあるのでそちらでお願いしてみるのもいいと思います。

>>バイクを高く売るにはこちら