傷などが多いバイクの査定方法

MENU

傷などが多いバイクの査定方法

傷などが多いバイクの査定方法

バイクに傷などが多く、査定に自信がない場合には雨の日に査定を依頼するのがいいです。
雨でバイクが濡れてると車体が艶々としてバイクがきれいに見えます。また雨が降っていると査定員も下を覗いたりするのがやりずらいので傷などを見落としやすくなります。
この際バイクをたた雨ざらしにしておくのではなく事前に洗車やワックスをかけておくと雨を弾いてバイクがきれいに見えるので手入れがされているバイクと見られるので好印象です。大事に扱わていたバイクなら多少傷があってもそれほどマイナスの印象にはならないでしょう。

 

査定の時に雨が降っているからといって自分だけ家の中に入っていたりしてはダメです。査定員も人間なので誠意が感じられないお客には高額査定をつけません。傘をさして手伝ってあげるくらいの気持ちで査定に立会いましょう!

 

タンクの凹みが酷い場合

傷などが多いバイクの査定方法

転倒などでバイクのタンクの凹みが酷い場合、タンクはバイクの一番目立つ場所なので大きくマイナス査定にされる可能性が高いです。査定員によってはタンクの凹みが酷いと事故車扱いされてしまう場合がります。そんなタンクの凹みが酷い場合にはヤフーオークションでキレイなタンクを買って交換してから査定に出した方がバイクが高く売れます。ヤフーオークションではバイクのタンクなどが格安で出品されています。タンクを買って交換したら今度は凹んでいたタンクをオークションに出品して売却してしまいます。オークションでは凹んでいたり壊れたパーツでも自分で直せる人が買っていくのでかなり売れやすいです。一度オークションを見た時に自分のバイクのタンクが無くてもヤフーオークションではかなりのパーツが毎日出品されているので頻繁に見ていると出品されます。