バイクを高く売る為交渉方法!3つのポイント

MENU

バイクを高く売る為の交渉方法!3つのポイント

バイクを高く売る為交渉方法!3つのポイント

バイクを高く売る為には査定員との交渉が大事になってきます。間違った交渉をしてしまうと高く売れるはずだったバイクが売れなくなってしまう場合があります。ここでは査定の交渉で気をつけたい3つのポイントについてお伝えします。

余計な情報を与えない

査定の際にはあまり余計な情報を査定員に与えてはいけません。情報を多くもっていた方が査定の交渉には有利になります。交渉の知識があまり無い方に多いのが自分から希望額を言ってしまうことです。

 

査定員に希望額を言ってしまえば向こうの思う壺です。この時きちんと相場を知っていれば相場の10万円上くらいを言っておいてもいいと思いますが、相場を知らないで○○万位と言ってしまえば高額査定は付きづらいでしょう。交渉前に自分のバイクの相場を知っておくのは必須です

 

また嘘はいけませんが自分からバイクの査定にマイナスになるようなことを言ってしまうのはダメです。例えば荒っぽく運転していた、メンテナンスをしていなかったなど。

 

メンテナンスやバイクの状況はこちらから言わなくても査定員はプロなので分かります。アピールするなら大事に扱ってきた、調子がいいバイクだった、オイルはまめに交換してきた、など良い点を交えて交渉していきましょう。

しっかりした態度で交渉する

元査定員の方に聞きましたが、あまり誠意が感じられないようなお客さん(話を聞かず金額ばかり一方的に上げろと言う)には高値をつけない、買取もしないそうです。

 

査定員も人間なので査定の際にふざけた態度やバカにした態度をとるお客さんには見切りをつて早々と引き上げます。査定員も人間なのできちんと誠意を持って対応してくたお客さんには高額査定を付けてくれます。しっかりと査定してもらって納得の査定額でバイクを売るには誠意がある態度で粘り強い交渉をするのが大事です

納得がいかなかったら断る

査定に来てもらったからと言って絶対にバイクを売らなければいけないということはありません。しっかりと査定をして、交渉もして、それでも納得の査定額がつなかければ買取を断ることができます。

 

断れるからと言って遊びで査定に呼ぶのは買取業者もビジネスでやっているのでだめです。こちらも納得の査定額だったらすぐにでも買取してもらいたいという気持ちで臨むのが大切です。