バイク売却必要書類

MENU

バイク売却必要書類

バイク売却必要書類

バイクを売却する時に必要な書類はエンジンの大きさによってことなるのでそれぞれ解説していきます。売却する前に書類を確認しておくとスムーズに売却できるので楽です。

原付125cc以下

スクーター、スーパーカブなど。

標識交付証明書 原付のナンバーを取った時に発行される書類でナンバーの証明書のような物です。無くしてしまった場合は役場に行って身分証と印鑑を持っていけば再発行できますが、市町村によって異なる場合があります。
廃車証明書 原付の場合一度廃車にしないと名義変更できないので廃車証明書が必要になります。役場にナンバープレート、標識交付証明書、印鑑、身分証を持っていくと廃車手続きができます。
譲渡証明書 名義変更する時に必要な書類です。住んでる地域によってことなりますが、役場のホームページなどからダウンロードして使うことができます。
自賠責保険書 自賠責の保険が残っている場合は次の人に引き継ぐことができるので自賠責保険証明書が必要になります。無くしてしまった場合は、加入した保険会社で再発行できます。
免許証(身分証明書) 身分を証明する為に必要な書類です。
印鑑 実印などではなく原付の場合は三文判の安価な既に持っている印鑑で大丈夫です。
ナンバープレート ナンバープレートが紛失、盗難されて無い場合は警察所に届出をだしてから再発行する必要があります。

 

125〜250cc中型バイク

ホンダPCX、カワサキバリオスなど。

譲渡証明書 名義変更する時に必要な書類です。住んでる地域によってことなりますが、役場のホームページなどからダウンロードして使うことができます。
自賠責保険証 こちらも自賠責保険が残っている場合は引き継ぐことができるので必要です。保健が残っている場合は払い戻しすることができますが、業者にバイクを売却する場合は査定額に戻り金も含まれている場合が多いです。
ナンバープレート ナンバープレートが紛失、盗難されて無い場合は警察所に届出をだしてから再発行する必要があります。125〜250ccは陸運局で再発行できます。
軽自動車届出済証 自動車で言う車検証の様な書類で所有者やバイクの車体番号などが載ってる書類です。無くしてしまった場合は管轄の陸運局で再発行することができます。
住民票 書類の再発行などに必要な場合があります。古いものは使えないので3ヶ月以内取ったものが有効です。
軽自動車税申告書 軽自動車税の申告する為の書類です。陸運局で手に入れることができます。
印鑑 実印などではなく原付の場合は三文判の安価な既に持っている印鑑で大丈夫です。

250cc以上〜小型自動二輪

ホンダCB400SF、カワサキゼファー400など

譲渡証明書 名義変更する時に必要な書類です。住んでる地域によってことなりますが、役場のホームページなどからダウンロードして使うことができます。
委任状 名義変更を自分で行わない場合は委任状が必要になります。
自賠責保険書 こちらも自賠責保険が残っている場合は引き継ぐことができるので必要です。保健が残っている場合は払い戻しすることができますが、業者にバイクを売却する場合は査定額に戻り金も含まれている場合が多いです。
車検証 250cc以上には車と同じ車検証があるのでもし無くしてしまった場合は陸運局で再発行する必要があります。
ナンバープレート ナンバープレートが紛失、盗難されて無い場合は警察所に届出をだしてから再発行する必要があります。125〜250ccは陸運局で再発行できます。
住民票 書類の再発行などに必要な場合があります。古いものは使えないので3ヶ月以内取ったものが有効です。
印鑑 実印ではなくても大丈夫です。
軽自動車税申告書 軽自動車税の申告する為の書類です。陸運局で手に入れることができます。

※廃車済みの場合は自動車検査証返納証明書も必要になります。

あった方がいい書類

バイクの取り扱い説明書や整備手帳、新車保障書などあった方が査定にプラスになります。無いのがほとんどなので無いからと言ってマイナスの要素にはなりません。もしあるのなら準備しておいた方が絶対に得です。

バイクを売却する際の手続きは自分でもできますが、忙しい方はあまりよく分からない方は業者に任せた方が楽でしょう。バイクを業者に売却すると面倒な手続きは全部代行してくれます。